白髪に悩む男性にぴったりな対処方法はどれ?

ロマンスグレーを楽しみ、あえて白髪のままでいる男性がいる一方で悩んでいる方もたくさんいます。
特に若い方にとっては10歳も老けて見えてしまうのはショックです。

対処方法としては、数本の白髪であれば根本から切るのが簡単です。
つい抜きたくなりますが、薄毛の原因となるので面倒でも切ります。
また、短めのヘアスタイルやヘアワックスで髪の毛の流れを作ったスタイルはイメージ的に白髪が目立たなくなります。

さらに一歩進めてた方法が染毛です。
一時的にスプレーやブラシで白髪をカバーする方法は一番手軽ですが、シャンプーすると色は落ちてしまいます。
また、内側の白髪まではカバーできなかったり、手触りがゴワゴワするなどの難点もあります。
もう少し確実なのがカラーリンスやカラートリートメント、ヘアマニュキュアタイプの染毛で、白髪の表面に少しずつ色を付けていく方法です。
表面だけを染めるので髪や地肌を傷めずに黒髪に近づけていきます。
どの程度染まるかは商品によっても髪質によっても違い、剛毛は染まり難い傾向があります。
生え際などが染まり難く、色落ちしやすいのが難点ですが、じっくり見なければ白髪があるかどうかわからなくなるのでお勧めです。

一番確実なのはヘアカラーで染める方法で、髪の内側からしっかり染まるので白髪は全く見えなくなります。
美容室や理容室で染めるとムラが無い仕上がりになりますが、市販品を使って自宅で染めることもできます。
どちらにしてもアレルギーが出ることがあるので、パッチテストは必須です。
また、頻繁に繰り返すと髪や地肌へのダメージが大きいので、1.5ヶ月か2ヶ月に一度の頻度に押さえ、伸びてきた白髪は一時染めで対処するのが理想です。

最近は白髪を黒ではなくグレーに染めて、自然でソフトな仕上がりにすることも人気です。
眉や髭などに白髪が出る年齢になると、真っ黒に染めた髪は不自然でかえって老けた印象になってしまいます。
年齢やライフスタイルによっても目指す仕上がりは人それぞれなので、一番自然に若々しく見える方法を選びましょう。

男性白髪染めラボ|シャンプーやリンスなど手軽な商品が人気
http://www.mens-shiragazome.com/
これから白髪染めを選ぼうと思っている人は見てみると役立つと思いますよ。